読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せで手取り30万になっちゃった

引き寄せ・願いごと手帖をやってどうなった?の記録です

どうして手取りを増やしたいと思ったか

当初、手取り30万と思っていたわけじゃなく、

手取り+3万円を目指して働いていました。

で、どうせ叶う願いなら、30万にしようとおもったわけですけど

 

で、そもそも、その手取り+3万円というのはどこから来たのか

という私の熱い思いをここに吐き出しちゃおうと思います。

 

きっかけは金沢への家族旅行だった

今年の2月、家族で新幹線に乗って金沢旅行へ行きました。

この旅行には目的がありました。

「長男を小学校に上がる前に、新幹線に乗せたい」

というもの。まぁ私の目的じゃないです、いちろう君(主人)の目的です。

 

息子は電車好きで、以前から新幹線に乗ってみたい、といっており

主人も自分が子供の時電車が好きだったこともあって

息子の電車熱には理解がある、というか増長させようという

気さえあります。

 

で、最初は比較的近い名古屋に行こう、という話だったんですが

どうせなら、おいしいお魚や蟹が食べたいわ・・・という

私の希望が通って、金沢へと決まりました。

私と主人の旅行の目的はここで違っていたわけです。

 

目の前にあるものを我慢するのって難しい

2泊3日の旅でした。

寒い時期の旅行だったのもあって、娘以外皆体調不良。

2泊目にいちろう君ダウン。高熱で温泉にも入らず早々と就寝。

息子は終始、咳しまくり。

私も熱があったようで、ずっと身体がだるかった。

 

でも、そんなのいいんです。

この旅行で一番、私が心に残った最悪の出来事・・・。

2泊目で早く就寝したおかげか?いちろう君はだいぶ回復しまして

(元来丈夫な人です)

金沢の近江町市場へ歩いて4人で出掛けました。

 

で、あるわあるわ、おいしそうな海の幸~!!

きゃーおいしそう!

あれも食べたい、ええーでもこれも食べたい!!

自分の体調不良もすっかり忘れ、目の前のかにやら、うにやら、牡蠣やらに

心奪われる私・・・!

 

自他共に認める食い意地のはっている私。

目をぎらぎらうろうろさせながら歩いていたんですけど

 

いちろう君はイライラしている。

なんか知らないけどイライラしている。

いや、わかっています。

いちろう君が大嫌いなもの。

 

・人ごみ

・(通常より)高い値段のもの

 

です。

いちろう君は、欲深wでおいしいもの、かわいいもの、便利なものが

大好きでそれにお金を遣うのが大好きな私と違って

良いものをどれだけ安く手に入れるか、

というところに重きを置く人です。

そして、これだけ安く(他者と比べて)手に入れたぞ!

という満足感に浸るのが好きな人です。

 

なので、こういう観光地で、通常の価格より観光地価格(高い)になっている

食べ物が嫌いです。食に関してもあまりこだわりがないこともあるでしょう。

 

でも、私は食べたかった。

目の前に並ぶ色とりどりのおいしそうな、

ここでしか食べられないであろう、海の幸を、

今 、 こ の 場 で ! ! ! ! !

食べたかった。

 

「ねぇ、あれ食べたいな・・・」

と明らかに不機嫌で足早に立ち去ろうとしているいちろう君に

恐る恐る話しかけると

 

「はあ?どこにそんなお金あるの?

いいけど、お昼はそのかわり安いとこにしてよ」

 

・・・・・・・・・・・・・・・。

 

私はその発言に心底うんざりし、

そして猛烈な怒りが腹の底からこみ上げてくるのを感じました。

 

いちろう君への怒りじゃありません。

 

こうやって、

せっかく来た観光地で、

好きなものも食べられないという

己の経済力の無さにです。

 

「力が欲しい・・・・っ

 

他者を圧倒する、圧倒的力が・・・・・っ!!!!!!」

 

と、どっかのマンガの主人公のように、近江市場の真ん中で

叫びたくなりました。

力というのは当然経済力です。

 

私が。

私が、手取り15万だから。

 

年収700万で一家の大黒柱であるいちろう君に対して私の発言力なんて

3分の1の効力で当然で。

 

金沢のことはきっかけにすぎません。

今までこういうことはたくさんありました。

そのたびに、心でいちろう君に悪態をついて諦めてきた。

 

もううんざりだと思いました。

 

私が、今より手取り3万多ければ。

自分のへそくりやらなんやらで

「いいもん、自分のお金で買うから!」って言えたんです。

 

私はその旅行の時に心の底で決めました。

絶対、手取り3万円増やしてやる・・・・・・・・・・・

と。それが今年の2月。

 

んで、引き寄せの本を読んで、いや、やっぱり30万欲しいわw

となって、今に至りますが

もし30万円達成したら、近江市場リベンジしたいです。

結局、あの時は何も食べずに帰ったので。